CAR

新車販売時にとられる広告手法

黄色い車

自動車メーカーが新たなモデルを販売開始する際に取られる広告手法は、様々な業界から注目されているのではないでしょうか。最も新車販売の際に取られている広告手法としては、ティーザー広告が挙げられるのではないでしょうか。このような広告の方法では新車の全容を明かすことなく、そのモデル一部分のみを先行公開する形式がとられることが多いとされています。このような広告手法をとることにより、多くの人々からの関心を引き寄せることができるのではないかと考えられています。また、新車のシルエットのみを公開するスタイルも多くなりつつあり、外見からどのようなモデルなのかを想像する行動を掻き立てる効果もあるのではないかと推測されています。
 また、新車が正式に発表された後にも、積極的な広告展開がなされるケースが多くなりつつあります。テレビにおけるコマーシャルの放映が最も積極的に展開されていると考えられており、多くの自動車メーカーにおいてこのような広告活動がなされているのではないかと思います。今後は新車の発表の前後で、異なる広告手法が積極的に展開される状況がしばしば見受けられるようになるのではないかと推測されており、大きな期待が寄せられています。